多くの米国企業が目をつけたSalesforce情報

プラットフォームが、それぞれ共通の物を使うため、業務での問い合わせ等のタイムロスがなく、タイムリーに情報交換をしながら、その場で会議に活用できたりします。シームレスに業務が進むクラウド技術に、情報交換ツールとしてSNS(ソーシャルネットワークサービス)の技術を応用することで、より使いやすいサービスとなっているのが、セールスフォースの強みです。

 

単純な、サーバー運営と異なるのは、インターフェイス・アプリケーションを業務に特化したテンプレートとしてWEBで共有するシステムにしてあるところです。クラウド技術の本場、アメリカでの実績により、サーバーの堅牢性が確立さrている点は、多く九評価されるところでしょう。

 

ソーシャルネットワークサービスを応用した、クラウドコンピューティング技術で、企業内各部門で情報を共有し、活用できるサービスを提供しています。日本では、まだまだメインフレーム天国のため、データーベースと業務関係インターーフェイスと、営業端末ではそれぞれログインが必要でした。